どんな場合にカロリミットを飲んでいて便秘になるの?

便秘にならないようにするために気をつけるべきポイント

 

本来であれば、ダイエットのサポートをしてくれる心強い味方であるカロリミットも、飲み方を間違えてしまうと、便秘や下痢になってしまうことがあります。カロリミットを利用していて、便秘や下痢になってしまった場合、どうすればよいでしょうか?まずは、カロリミットに入っている成分とその役割を把握して、カロリミットを正しく利用するようにしましょう。

 

カロリミットを活用すべき場面とは?

カロリミットそのものが、脂肪を燃焼してくれるわけではないことはもうご存じだと思います。カロリミットは、これから体内に入ってくる食べ物に含まれている「糖質」「脂質」を体に吸収するのをゆるやかにして、分解してくれるものです。ですから、カロリミットを食事の前に飲むことで、その後の食事で摂取した「糖質」「脂質」を脂肪になりにくくしてくれます。

 

活用すべき場面としては、普段の家での食事とは異なる、断りにくい食事会や飲み会などに参加する場合でしょう。みんなで盛り上がっているところで、一人だけ「ダイエットをしているので」と言って、料理を頼もうとしない、とか、無理して食べているのが丸わかりの食べ方をしたり、全く手を付けない、といったことになっては、やはりその後の人間関係にも響いてきかねません。そんなときに、カロリミットを飲んでおくことで、気兼ねなく食事会や飲み会を楽しむことができる、というわけです。

 

カロリミットに入っている成分は?

カロリミットにはギムネマだけでなく、鳩龍緑茶、桑の葉、キトサン、インゲン豆が入っています。

 

このうち、ギムネマシやキトサン、鳩龍緑茶には「糖質」や「脂質」の吸収をゆるやかにしてくれる働きがあります。桑の葉とインゲン豆も入っているので、炭水化物の吸収をゆるやかにしてくれるとともに、血糖値の上昇をゆるやかにしてくれる働きもあります。

 

カロリミットを利用中に便秘になる理由とは

カロリミットは、「糖質」「脂質」の吸収をゆるやかにしますが、そのように自分の体内に吸収・分解しないものは、老廃物となり、最終的には便となります。

 

そこで、カロリミットを飲むシチュエーションを考えてみるとよくわかりますが、何かしらの理由で、いつもより食事量が多くなりそうな時に食事前にカロリミットを飲むとします。そして、案の定、通常時に比べるとかなり食べ過ぎてしまった場合、カロリミットの働きで体内に吸収分解されないものがいつもより多く老廃物となります。

 

この老廃物が便となるわけですが、それがつまりやすくなってしまいます。特に、いつもより多く食べた料理が油っぽいものだった場合や、もともとその人が便秘気味だった場合、腸の動きがさらに悪くなってしまうのです。
その結果、便秘になってしまうわけです。

 

これを防ぐには、通常の便秘状態を解消するのが一番です。また、食事の時に水分を多めにとることである程度便秘状態になることを防ぐこともできます。

 

何より、カロリミットを飲む必要のあるシチュエーションであっても、食べ過ぎはなるべく避けるようにしましょう。一般的にダイエットに良くないと言われている油っぽい食べ物は食べ過ぎないように注意することが、便秘の予防だけでなくダイエットの成功のためにも必要だと言えます。

 

カロリミットの利用中に便秘となった場合には、とにかく一時的に飲むのをストップしましょう。そして、原因について今までお話しした内容を参考にチェックして、思い当たる原因があれば、まずその原因を取り除くようにしましょう。もしかしたら、もうカロリミットが必要ないほど十分に痩せているかもしれません。その場合は、カロリミットを飲むのは、本当にたくさんの量を食べる可能性がある時くらいになるでしょう。

代謝アップ効果+カロリーカット!積極的に痩せたいなら『大人のカロリミット』


「太らない」を目指すための『カロリミット』で、まずはカロリーカット!