カロリミットで多い3つの副作用

ダイエットサプリメントのなかでも人気のカロリミット。
カロリミットには、糖分、脂質、炭水化物の吸収を抑える効果がある成分が配合されています。
ですから、ついつい食べ過ぎてしまった〜!ということが多い方にも安心!

 

食べてもカロリーカットしてくれますから、カロリーの多い食事が多い方にピッタリですね^^
続けて飲んでいると太りにくくなる、というのもカロリミットのメリットですよ♪

 

でも、サプリメントには副作用があるのでは、と心配もありますよね…
カロリミットでみられる副作用には3つあります。

 

よくみられる3つの副作用

@便秘
A下痢
B生理への影響

 

副作用としてよくみられるのは便通に関係することです。
飲み始めてから便秘や下痢など、おなかの調子が悪くなることがあるというのは注意しておいたほうが良さそう…
また、生理が遅れるということがあるというのも、知っているといざという時に慌てないで済みますね。

 

カロリミットの他の副作用

 

その他、カロリミットの副作用として、頭痛、湿疹、肌荒れ、吐き気なども起こることがあるそうです。

 

でも、このように副作用だけ取り上げると心配になるかもしれませんが、大勢が飲んでいる中でまれにみられる事例ですので、心配しすぎることはないと思います。

 

自分に合うかどうかは飲んでみないと分からないので、まずは少しずつ、体調をみながら、自分に合うかどうか試してみると良いでしょう〜☆

 

カロリミットはじつは食品です!

カロリミットはダイエットサプリメントとして知られていますが、じつは食品に分類されています。

 

医薬品ではないので、強い副作用がでることは考えにくいそうですが、普段の食べ物と同じように、自分に合わないこともあると思って気軽に飲み始めると良いですね♪

カロリミットで副作用を疑う前にチェックすべきポイント

体の不調を引き起こさないために正しく使いましょう

 

サプリメントは薬ではなく健康食品です。薬のように明らかな副作用などはおきにくいと考えられていますが、体質にあわないサプリメントを飲んでいると、体調不良となるケースもあります。カロリミットも健康食品ですが、人によっては体調不良となったという話もあります。今回はありがちなケースと注意すべきポイントについてです。

 

カロリミットをとりはじめて不調となる場合とは

カロリミットに入っているものの中でも有名なギムネマには、糖質・脂質の吸収をしにくくする特徴があります。
しかし、既に体内に形成されている脂肪を分解してくれる働きはありません。ここを理解しないで、カロリミットを飲めば脂肪が分解されると思っていると、効果が出ない、と焦ってしまうでしょう。

 

そして、人によっては効果が出ないのは飲む量が足りないから、と考え、カロリミットを飲み過ぎてしまうことがあるようです。
当然、カロリミットに限らず、どんなものでも、やりすぎはよくありません。そうしてカロリミットを飲み過ぎた結果、体が不調となってしまうこともあるわけです。

 

便秘や下痢になる場合とは

カロリミットの飲み過ぎよりもよく効くのが、便秘になった、という話。こちらは、カロリミットが直接的な原因というよりも、水分のとり方に原因がある例が多いようです。

 

というのも、便秘は、元々水分不足によってなる人が多いものです。便秘自体の解消法としては、食物繊維をとると解消される、とか、適度な運動をすることで解消される、ことが多いので、まずはそれを試してみるとよいでしょう。
カロリミットを飲むと便秘になるのか、ということですが、それは少し意味合いが異なります。具体的には、カロリミットを飲んだ時に、食べ物はたくさんとったものの、水分をあまりとらなかった場合、便秘になりやすい状況となります。

 

したがって、カロリミットを飲んでいるからといって安心して食べ過ぎることのないように注意するようにしましょう。もし食べ過ぎてしまっていると自覚できている時には、せめて水分を多くとるようにしましょう。そうすることで、便秘を防げる可能性がたかくなります。

 

また、これとは反対に、食事量が少ないのにカロリミットを飲んでいると、今度は排出作用が強く働いてしまい、下痢になりやすくなります。
このことから考えると、適切な量を食べている場合や、いつもよりも食事量が少ない場合には、カロリミットを飲まなくても大丈夫、とも言えます。

 

生理不順になった時に見直すべきポイントは?

生理不順は、無理なダイエットを行うと起きやすいので、カロリミットの利用状況をチェックすることも大事ですが、そもそも自分が行っているダイエット方法が体に負担をかけていないか、見直す必要があると言えます。

 

極端に脂肪が減ってしまうと女性の場合には生理がとまってしまうこともあるので、要注意です。

 

何事も急激な変化は体に負担を与えてしまいますから、どんなに痩せたいと思っても、短期間に大幅ダウンを狙うようなことはしないようにしましょう。
たとえば、食事内容のバランスが著しく偏っていたり、そもそも食事をきちんととらないような人が、さらにカロリミットを飲むと、体に必要な分の糖質・脂質も吸収されにくくなってしまいますから、体の不調を促してしまうわけです。代謝リズムが乱れ、自律神経のバランスが崩れてくると、ホルモンバランスも乱れてきます。こうなると、生理の周期も崩れてしまう可能性が出てくるわけです。

 

カロリミットは、通常よりも多めの食事をしてしまいそうな外出時に利用することを念頭においておけば、こうした事態は避けることができるでしょう。
いずれにしても、カロリミットの利用の有無とは別に、そもそもダイエットを行う場合に、無理は禁物です。短期間に急激なダイエットは避けるようにして、適切な運動と食事を心がけるようにしましょう。

 

カロリミットの飲み過ぎと油っぽいメニューには要注意!

 

外食時にカロリミットを飲んだから、と安心して、結局いつもよりかなりたくさん食べてしまった、とか、油っぽい料理ばかり食べてしまった、というような場合はやはり、体調を崩しやすいので注意して下さい。

 

ダイエットの維持を手助けする補助的な役割としてカロリミットをとらえていれば、ほぼ間違った利用法はとらないと思いますが、食事するお店によっては油っぽい物ばかりがメニューに並んでいる、という場合もあるかもしれません。油っぽい食べ物ばかりとっていると、腸も弱ってくるので、そんなときは、食べ過ぎにはくれぐれも注意するようにしましょう。

 

今回のまとめ

どのサプリメントにも言えることですが、そのサプリメントに頼りすぎないようにすることが大事です。ダイエットはあくまでも、摂取量より消費量を大きくする、つまり、適切な量を食べて適度に運動をすることによって健康的に行っていくのが大事です。カロリミットはそれを補助する手段、ととらえるようにしましょう。

代謝アップ効果+カロリーカット!積極的に痩せたいなら『大人のカロリミット』


「太らない」を目指すための『カロリミット』で、まずはカロリーカット!